ループの外で記事IDを参照する方法の紹介

mislead記事用にループの外で記事IDを参照する方法を紹介したテストページです。
対象記事:ループの外で記事IDを参照する方法

ここでは、sidebar.phpにあるメニューに

この記事(記事ID:213)にアクセスしたときだけ「mislead」というリンクを表示する

という処理を記述しています。

 

表示位置は以下の画像キャプチャの赤い枠の個所です。
213-1

 

なお他のページでは、以下の通り「mislead」のリンクが表示されません。
213-2

 

実際にsidebar.phpに記述したソースは以下の通りです。

Crayon Syntax Highlighterの紹介

mislead記事用にCrayon Syntax Highlighterを紹介したテストページです。
対象記事:WordPressに投稿したソースを見やすくする

 

 
 
 
 
 

WordPressでsessionを利用する

WordPressでセッションを利用する方法を説明するページです。

mislead記事用セッション利用ページ
対象記事:WordPressでsession情報を扱う

 

初回の訪問です。セッションを開始します。
セッションには『misleadはもうコリゴリだ』を格納しています。

リロード(セッション情報がある状態でアクセス)